fc2ブログ

G8初日 壮瞥(そうべつ)町から洞爺湖

どちらのデモか
soubetsu_demo


今、僕が作業している北海道大学のメディアセンターを含めて3ヶ所の拠点を、市民記者登録をすれば、自由に使えるのでありがたいところです。北海道大学のほかの2箇所は、24時間使用可能。北大の方は、緑が多く風があり涼しいので、とてもありがたい。
世界中のメディアが集まる国際メディアセンターと比べると、かかっている金額が違うけれど、一方的な的な情報を受け流すだけでは、人間が翻訳装置をやっているようなもの。サミットに対して問題意識を持って活動している人が、世界中か集まってきている点からも知力と情熱、実は情報力でも勝っていて、入管で拘束されている活動家の情報などは、大手マスコミから問い合わせが入るほどです。
市民メディアセンターのメディアバスに乗って、洞爺湖の近くの壮瞥町に行きました。
片道1500円。民間のバスをパスを借りて一日一往復の運行となっています。まともなな金額であれば5000円だとのこと。
道立近代美術館近くのメディアセンターを朝5時に出発。途中天神山のメディアセンターに寄り、まず豊浦町のキャンプ場に向かいます。約3時間。さらに1時間かけて、壮瞥(そうへづ)町へ行きました。オロフレキャンプ場は、僕が一旅行者としては、失礼だけどおそらく絶対に来ることはない場所だと思いますした。
反G8のデモが行われる場所は、ここからさらに車で15分ほど戻らなければなりません。タクシーなどくるとは思えない場所ですが、運良く大手メディアの若い記者が押さえているタクシーに同情させてもらいました。
メーターはすでに2万円に近づく額となっていて、降りるとき一応財布を出そうとすると「いいですよ。会社から出ますから」いわれるので、甘えさせていただいた。
ちなみに豊浦のキャンプ場では、朝日新聞のマークがついたハイヤーを見ました。
デモ行進出発前の集会場では、いろとりどりの参加者に対し、白い雨合羽がまるで壁のように集会を取り囲んでいました。背中に香川県警の文字。
「沖縄から基地を撤去しろ」「アハッ、アハッ、アハッシホンシュギ」「戦争こそ最大の環境破壊だ」、ジグザグ行進。何でもありです。しかし最大の特徴は長距離、長時間で、一旦デモ隊がバラけたと思ったら、解散ではなく、暫時休憩で、このまま洞爺湖まで向かうとのこと。これが東京や埼玉なら凹みますが、僕はまったくウエルカムです。4時間もバスに揺られていたし、緑に囲まれ空気がいい、昭和新山も見えて、こんなデモには、2度と参加できないと思いワクワクしました。
さてデモ撮影は、埼玉のデモでも同じように、僕は警察の列にも、デモ隊の中からも撮れます。なかなか職業としてのジャーナリストには、心理的壁があるようで、デモから二歩も三歩も引きます。
警察はジャーナリストも自分たちと同じように、デモをするような人を異質な目で見ていると思っているようで、カメラを持った人が近づいても警戒するようなことはありません。何も警官は景観の良いところに立ちます。そこで要所要所に配置された警官を目指して走るのですが、この日は別でした。
ごらんのとおり、デモ隊を取りたくても、それを阻む警官の列。これがG8サミットの象徴的な場面ではないかと思いました。
この日の洞爺湖は、霧がかかり、G8の会場であるウィンザーホテルは見えませんでした。見えないほうが美しい平和な風景です。湖面は透明で、岸には、ごみ一つありません。足を入れると冷たく、ほかに人がいなければ、僕は絶対に泳ぐと思います。
昨日わずか二日だけの行動でしたが、十日ぐらいいたような感覚があります。
G8サミット周辺を描写した記事を市民じゃ~なるに、できるだけ早めにまとめるつもりですが、さていつ出るでしょうか。(正)

コメント

非公開コメント

プロフィール

市民じゃ~なる編集部

Author:市民じゃ~なる編集部
「平和・人権・自治と共生をめざす草の根ジャーナリズム」。地域の草の根として発信するミニコミメディアの編集部のblogです。
メール:osanai@jca.apc.org
TEL 048-834-1232
FAX 048-833-6861
郵便振込:00150-2-144707
(名義:市民じゃ~なる)
〒330-0061
さいたま市浦和区常盤3-18-20-803

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -